ご供養の仕方とは?

GUM13_CL03003「食い別れ」という言葉があります。
この言葉を聞くと葬儀だけの意味合いに聞こえてきますが実はこの言葉、結婚式にも使う言葉でもあります。葬儀では亡くなった方と最後に食べるご飯、食べてお別れをするという意味です。
結婚式では、嫁ぐという意味から、二度と両親兄弟のもとには帰る事が出来ないという意味で食い別れという事です。

たくさんの葬儀の現場を見る中で、食事は大事な部分であると感じます。陰膳(故人へお供えするお食事)を準備します。地域によっては陰膳という風習がないところもありますが、さいたま市では陰膳を用意します。故人に向けてお食事をお供えをし、お別れという悲しみに包まれている中でも、お食事をすることで和やかになれる。そんな場面をよく見る事ができます。

食事をするからこそ、お別れがしっかりとできるのではないでしょうか。

だからこそ食事には力を入れて欲しい部分だと思います。